• 注册
  • 查看作者
    • 日本公布食品中单增李斯特菌检测方法及限量标准

      据日本厚生省消息,11月28日日本厚生劳动省发布食安发1128第3号公告,经10月21日召开食品药品卫生审议会食品卫生分科会议讨论,现公布食品中单增李斯特菌检测方法及限量标准。单增李斯特菌定量试验法及基准值自公告发布之日起施行。
          部分原文报道如下:
          試験法の概要
          試験試料Xgをストマッキング袋等に無菌的にとりわけ、9×X ml のBuffered peptone water を 加え、ストマッカー等で均質化し、損傷菌の蘇生培養を行う。その培養液1ml を1種類の酵素基質培 地3枚に分けて塗布し、形成集落数を測定する。L.monocytogenes と思われる5集落を純培養し、確 認試験(カタラーゼ試験、CAMP 試験、糖分解試験)を行い、L.monocytogenes と確定する。合計集落 数、確認試験に用いた集落数及びL.monocytogenes と確定された集落数から、1検体当たりの L.monocytogenes 菌数を算出する。
          原文链接:

      链接

    • 0
    • 0
    • 0
    • 733
    • 请登录之后再进行评论

      登录
    • 江苏拓米洛环境试验设备有限公司
    • 可靠性工程软件ReliaSoft中国总代理上海山外山机电
    • 发布内容
    • 做任务
    • 动态
    • 风格
    • 到底部
    • 单栏布局 侧栏位置: